【悲報】医者の87%「ジェネリックは飲まない」「本心では信用していない」★3

1:2019/12/30(月) 01:07:08.07ID:4MDQB9L29 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17592580/

ジェネリック医薬品は「患者ファースト」ではないと週刊新潮が報じた
医師の多くは、本心ではジェネリックを信用していないと内科医の志賀貢氏
製剤方法や添加物が異なることもあり、効果に大きな差があるとのこと
医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由
デイリー新潮
[画像] 医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由
医者が飲まない「ジェネリック薬」(1/2)
 まったく一緒であるなら安いほうがいい。厚労省が、来年には薬全体の80%を占めるまでに増やす、としているジェネリック医薬品も、オリジナルと同じなら財布にやさしくて嬉しいかぎりである。しかし、医者は飲まない、その根拠もある、と聞かされると――。

 ***

 懐にやさしいのは、だれにとっても嬉しいことだが、さりとて安かろう、悪かろうでは困る。その点でジェネリック医薬品(後発医薬品)は理想的な存在のように見えないか。「新薬(先発医薬品)と有効成分が同じで、同じ効き目をもつ」と宣伝されているのが本当なら、価格が新薬の7割から、安いものは2割ほどというジェネリックは、ありがたいというほかない。

医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由とは(※写真はイメージ)
 日本の医薬品に占めるジェネリックの割合は、昨年9月の調査で72・6%。来年9月までに、これを80%にすべく、現在、厚生労働省が音頭をとっている。

 さるジェネリックの製薬会社のCMで流れる、「なによりも患者さんのために」というフレーズ通りに、患者ファーストの施策ということだろうか。だが、総合内科専門医である秋津医院の秋津壽男院長は、

「ジェネリックの普及を国が推し進めているのは、保険財政の破綻を防ぐためであって、患者の健康を考えてやっていることではありません。あくまでも財政ファーストで、患者ファーストではないのです」

 と、きっぱり。それでも結果的に、患者のためになればいいわけだが。ジェネリックとはなんであるのか、保険財政の事情とからめて確認しておきたい。

 厚労省のHPには、

〈後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものです〉

 と書かれている。これを厚労省担当記者に、少しかみ砕いてもらおう。

「新薬は研究開発に始まって発売されるまでに、10年、15年とかかり、数百億円の投資が必要です。だからその分を回収するために、特許を出願したら20〜25年は、開発した会社が独占的に製造、販売できます。でも特許期間が終われば、ほかの製薬会社が、同じ有効成分の薬を作って売ることができます。これがジェネリックで、研究期間が3〜5年ほどですみ、開発費が格段に抑えられるので、価格も安くできるのです」

 一方、医療保険財政云々というのは、実際、のっぴきならぬ問題である。

前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577626007/

178:2019/12/30(月) 02:35:27.34ID:MM+Pp6420

臨床試験も行ってないらしいし安かろう悪かろうだろうな

1 2019/12/28(土) 14:42:43.22ID:z6TdANr00

インフルエンザの流行が本格化している。かかったときに薬を求めて病院を訪ねようとしても、年末年始は
開いている病院が少なく、どうするか不安になるかもしれない。ただ、多くの人は薬をのまなくても1週間ほどで
治る病気だ。高齢者や幼い子どもなど重症化に注意が必要な人を除き、そもそもインフルエンザに薬は
必要なのだろうか。

薬出さない病院も
 「インフルエンザの薬は処方しません」。ブログにこうはっきりと書いているのは、あんどうこどもクリニック
(兵庫県西宮市)の安藤康一院長だ。持病がない場合は原則、インフルエンザ治療薬を出さないと
ホームページで明記している医療機関は他にもある。

 安藤さんはインフルエンザ治療薬を求める保護者には、「ウイルスをやっつけるのは薬ではなく免疫。
薬を使って半日から1日、治るのを早くしても、かえって十分な免疫ができないこともある」と説明する。
https://www.asahi.com/articles/ASMCW6V6PMCWPLBJ011.html

440:2019/12/30(月) 03:50:43.29ID:1W36B3Ec0

>>433
逃れるのはなってからの言い訳
回避するのはなる前に対処する
そういう意味で書きたかったんだけど自分でも下手な言い回しと思ったよ

350:2019/12/30(月) 03:13:32.39ID:zVayc+9W0

富山もジェネリック輸入会社増えたみたいだ
看板もジェネリックのなんとかって書いてあるの複数

568:2019/12/30(月) 04:53:04.67ID:+larw9GM0

癒着(´・ω・`)

372:2019/12/30(月) 03:19:46.80ID:B50idyJz0

厳密には同じじゃないからな
でも成分検査はクリアしてるから問題はないはず

759:2019/12/30(月) 07:14:25.38ID:k3U3BoCdO

>>1いいかみんな、官僚が考える事には必ず裏があるからな、実行に対して不都合なデータや事例は隠すんだよ
だからジェネリックを医者は飲まないの答えわかるだろ、ジェネリックの音頭とってるのは厚生労働省

653:2019/12/30(月) 05:59:44.42ID:pMxEDK/50

今実際、テルビナフィンという爪水虫のジェネリック薬品飲んでる
薬剤師がこれはかなり安いからと言って薦めてくれたんだが、飲んで3か月くらいになるが
あんまり効いてる様子がない

これも鼻くそ丸めて万金丹なのか?

289:2019/12/30(月) 02:58:37.76ID:TXcChXb10

>>1
「ジェネリックの普及を国が推し進めているのは、保険財政の破綻を防ぐためであって、患者の健康を考えてやっていることではありません。あくまでも財政ファーストで、患者ファーストではないのです」

患者ファーストじゃない?
破綻して困るのは患者だろバーカ

601:2019/12/30(月) 05:19:18.24ID:oXlregzB0

>>598
ジェネリックだから分からないのではなく
1人が知っていて処方する薬は50種程度といわれており
担当の科以外の薬は知らない。
先発の薬でも知らなくて調べるよ

636:2019/12/30(月) 05:46:26.61ID:IMaxKfRw0

>>616
そうでもない
本人が拒否すれば選べる

388:2019/12/30(月) 03:27:09.89ID:BX6wKfWC0

>>375
つーか、開発自体やらなくなってる。
それも原因は、構造改革路線だね。

21:2019/12/30(月) 01:20:06.59ID:QT+S4bkE0

一見正論
中身は二分か
つまり話し半分くらいの信ぴょう性
薬にもよるって話しかなと
まあ医者が飲まないのなら当たらずしも遠からず
良薬が駆逐されるのを忌諱してるのかなと

576:2019/12/30(月) 04:59:41.13ID:NBJGP+z10

なんか一人必死なジェネリック業者さんがいますね

43:2019/12/30(月) 01:38:29.45ID:VN3uJuiH0

そうそう、汚職だらけで
抜き打ちの査察情報が漏れるだけじゃ無くて
偽のダミー工場まで見せて検査のがれをするって話
アメリカの側にも内通者がいて握り潰しているとか

日本もIRに中華マネーが入ってたし
笑い事でも無いよな

created by BLACKY