【中国】豊かな生活をくれたのは…こんなに変わった、中国・北京の70年

1:2019/12/22(日) 15:20:36.79ID:T1DPLabv9 まもなく暮れる2019年だが、今年は平成が終わり令和が始まったということで、平成の総括があらゆる場面で行われた。中国も同様である。今年は建国70年という節目の年だったので、やはりこの半世紀の変化に注目が集まった。(ノンフィクション作家・青樹明子)

 変化の度合いが大きいのは「北上広」と称される北京・上海・広東である。なかでも首都北京の過去と現在の差には改めて驚く。

 まずは域内総生産(GDP)。建国時1949年の北京のGDPは2億8000万元(約43億7600万円)だったが、2018年には3兆320億元にまで達している。

 経済成長に合わせて、人々の生活は格段に改善された。北京市民の可処分所得は、1955年の215元から2018年は6万2000元にまで上昇している。所得の伸びは生活の質も上げ、市民の平均寿命は建国初期の40〜50代初めから18年は82歳と、約2倍である。

 住環境も大きく変わった。北京の住宅は、40年で広さが約5倍になった。1978年当時1人当たり約6.7平方メートルだったのが、2018年には約33平方メートルだ。交通方面も変化は顕著で、1969年に地下鉄1号線が開通して以降、今では22本の路線が北京を縦横に走っている。便利さは圧倒的である。

 公共交通の他、自家用車の保有率は特筆に値する。ほんの20〜30年前まで「車」といえば自転車を指していたが、今では自家用車が普通のことで、北京都市部の保有台数は100家庭当たり52台である。車に象徴されるように、この70年で消費行動自体が大きく変わった。衣食住など生存するために必要な消費から、今は生活を楽しむための消費が主流である。

 1986年、北京の都市住民1人当たりの消費支出はようやく1000元を超えた程度だったが、2002年には1万元を突破し、09年には2万元を上回るようになる。18年は4万2926元で、1955年の209倍となった。

 家計支出の中で食費の占める割合を示すエンゲル係数は大幅に低下し、都市住民では93年に50%未満となり、2018年には20%にまで下がった。同時に人々の生活には、携帯電話、エアコン、コンピューターなどが欠かせないものとなっていく。

 もちろん70年という年月は長い。どの国でも大きく変化するものだが、中国の場合その度合いが半端じゃない。まさに豊かな生活を享受する北京ではあるが、香港の問題でも分かるように、言論などの統制は強まっている。

 中国の友人と話すと「言論の自由は制限されるけれど、豊かな生活をくれたのは共産党だからね」という意見も多い。真の豊かさとは何なのか、中国の都市を見ていると、改めて考えさせられる。

12/22(日) 7:15配信
sankeibiz
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000502-fsi-bus_all

7 2019/12/22(日) 22:03:29.34ID:6FUYLXoa0

土人×土人=?

32:2019/12/22(日) 16:50:07.34ID:O4ACsJqY0

>>1
関連スレwwwwww

【中国】ネットで習近平思想や共産党の方針に沿わない情報を流したら処罰対象に…企業や個人に対する言論統制強まる
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576998632/

39:2019/12/22(日) 18:51:40.06ID:S4yrG8F/0

この夏、銀座行ったら、日本人より中国人ばかり歩いてた。
声が大きく、骨太な体型で、態度ですぐわかる。

19:2019/12/22(日) 16:12:36.40ID:eY8LE3L60

>>16
中国尊を知らぬとは

24:2019/12/22(日) 16:23:19.97ID:skBTCMF70

結局、資本主義に行き着いたってこと?

9:2019/12/22(日) 15:33:13.63ID:YGbhFO5V0

中国コラム 中国が憎む日本は中国に最も力を貸した国だ 
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180313/Recordchina_20180313064.html
70年代の中国にとって、日本のODAはまさに命を救うお金だった。

当時中国はようやく安定し発展が待たれる時期だった。西洋国家と良好な関係を築いていたが、
最も多くの資金を出し、最も必要としていた技術者を派遣し技術的な援助をしたのが日本だ。
日本を憎む中国人も少なくないが、日本は中国の発展に力を貸してくれたのだ。

30年以上に渡り、日本は中国を援助し続け、日本の援助により中国は空港や地下鉄といった
インフラを整備することができた。中国の資金が豊富になった21世紀以降は資金的な援助から
徐々に環境保護や人材育成などの援助に変化している。中国の急速な経済発展における
日本の貢献はとても大きく、否定することができない事実である。

3:2019/12/22(日) 15:24:33.89ID:1m2Zom1o0

【中国】習近平「人民よ、イモを食べろ!」 じゃがいも主食化計画のワケ 2ch.net
元スレ http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1457110676/
◆「人民よ、いもを食べろ!」 中国じゃがいも主食化計画のワケ

戦時下でもないのに「第四の主食にせよ」と政府が大号令。
その裏には深刻な水不足があるが、SNSでの反応は芳しくなくて……。
2016年2月23日、中国農業部は「じゃがいも産業開発推進に関する指導意見」を公表した。
小麦、米、トウモロコシに続く第四の主食としてじゃがいもを位置づけるというもの。
2020年までにじゃがいもの作付面積を1億ムー(約667万ヘクタール)以上に拡大すること、その30%以上を主食に適した品種とすること、主食消費量の30%をじゃがいもにすること、といった数値目標を掲げている。
つまり「1日3食のうち1回はじゃがいもを食うべし」と政府が大号令をかけたのである。
SNSやネット掲示板をのぞくと、「主食にじゃがいもは勘弁して欲しい」と嫌がる声が多数だ。
政府が無理やりいもを食べさせる。
北朝鮮や戦後直後の日本を想起させる話だが、いったい中国政府の狙いは何なのだろうか。
◇食料安全保障と耕地面積防衛ライン
ペルーに本拠を置く非営利団体(NPO)「国際ポテトセンター」(CIP)は2010年、北京市に太平洋アジア地区センター(CCCIP)を開設した。
中国各地の風土に適した品種を共同開発することが狙いだ。
また、じゃがいもの作付面積を増やした農家への補助金支給も実施された。
少なくとも6年前から、中国政府はじゃがいも主食化計画への取り組みを続けていたことになる。
◇戦争並みの「水不足」
「じゃがいも産業開発推進に関する指導意見」を読むと、「全面的な小康社会建設という目標の実現には”腹いっぱい食べる”から”よい食生活をおくる”への転換が必要。
じゃがいもは栄養豊富である。
小康社会主食文化を打ち立てよ」といった美辞麗句もあるが、率直に具体的な問題を表明している個所もある。
一つはトウモロコシの問題だ。
華北、西南、西北の荒涼地ではトウモロコシが主要作物となっているが、輸入品との価格競争が深刻だ。
政府による買い上げで農民の収入確保をはかっているが、在庫増加も問題となっている。
そこで一部をじゃがいも生産に切り替えようという発想だ。
そして、もう一つの問題が水不足。
むやみやたらな耕地拡大と工業用水の需要増加、さらに水質汚染によって、中国北部では水資源が枯渇している。
中華文明を育んできた大河である黄河も下流域では干上がってしまっている時期が多い。
ならばと地下水の利用が進められてきた。華北では水使用量の75%以上を地下水に依存しているが、その影響で大規模な地盤沈下が起きている。

北京市では地下水の水位が年13メートルのペースで低下しているとの報告もあるほか、華北平原の半分以上で地盤沈下が確認されているという。

8:2019/12/22(日) 15:32:41.81ID:Zebn1ASY0

北京はあと15年か20年もしたら砂に飲み込まれるぞ

20:2019/12/22(日) 16:13:23.73ID:9MrP8sCE0

豊かになったのかもしれないが、全然羨ましくない。

22:2019/12/22(日) 16:21:04.00ID:Wv89fL9S0

シナは賄賂社会だから水質検査の日取りを知るのが容易で、工場排水の検査が
まるで意味をなさない外道国家なんだよな。

34:2019/12/22(日) 16:54:49.18ID:EZplksts0

失う物も多かったぞ。(豊かになった日本から一言)

29:2019/12/22(日) 16:37:28.00ID:ZAtYso/j0

民主主義ならこういうショーウィンドウー都市より国民とより一層身近な環境問題に関心あると思う
土壌汚染で人や企業は更に地方へ追いやられてヤバいだろ

25:2019/12/22(日) 16:23:38.79ID:qF4UJYon0

>>18

遅れてた国が、一気に先を行ってた国を
抜かして発展する現象があるらしいじゃない。

途中の色々な込み入った事がないから、
すっ飛ばして発展するんだろうけどw

まぁ、積み忘れの多い発展と思って、
羨ましく思わないよ。

27:2019/12/22(日) 16:34:56.24ID:Lw1j5BFK0

まあ10億人飢えさせてまずは上澄みの2億人を富ませる
なんて政策は中共じゃないとできなかっただろうから
言わんとすることは分かるが、それはつまり山賊と共犯関係にあると言うことを自覚しているのだろうか?

43:2019/12/22(日) 23:55:50.84ID:mx4Onz2u0

過剰にインフラ投資して景気もたせようとしたから、現在破綻寸前なわけで

26:2019/12/22(日) 16:28:40.63ID:UQICnh2d0

70年前と生活レベルが変わってないのに文句を言うと臓器を抜かれる人々の犠牲の上に成り立ってる繁栄だな

created by BLACKY