【芸能】宇多田ヒカルが遂に明かした「Automatic」の“中腰PV”秘話

1:2020/01/07(火) 07:52:45.85ID:iY1gdWQu9 シンガーソングライターの宇多田ヒカルが1月3日放送の「マツコの知らない世界SP」(TBS系)にゲスト出演し、デビュー曲「Automatic」のPV撮影における舞台裏を明かしている。

11年ぶりにバラエティ番組への出演を果たしたという宇多田は、1998年にダブルミリオンを達成した衝撃のデビュー曲「Automatic」の大ヒットで一気にブレイクして名声を得たが、
とりわけ同曲のPV内でソファーから立ち上がることなく中腰の姿勢のまま歌い続ける演出は印象的で、その独特な世界観やオーラも含めて宇多田の代名詞にもなっていた。

そんな異彩を放つPVについて、MCのマツコ・デラックスは「画期的な映像だった」と話し、「だって、あれ(ソファーから)立ち上がらないのよ」と感銘を受けたことを明かすと、
宇多田は「諸説あるんですが、私の記憶ではセットの幅があまり無くて、カメラを引くと横幅が見切れてしまって。なので立ち上がらなくて、でも座ったままなのも…って思って、動きを出さなきゃって思ったんです」と告白。
セットのサイズが原因で完全に立ち上がることができなかったと説明した。

「Automaticがリリースされた当時から宇多田の独特な“中腰”のPVについては“多分天井が低いんだろ”“腰痛めてるの?”といった嘲笑に近い声もありましたが、
それほどまでに彼女の存在感や世界観が他とは一線を画すオーラがあったということでしょう。
やはりニューヨークに生まれ、アメリカの文化を若くから吸収したことが大きかったのか、そのグルーヴは日本人が真似できない唯一無二の領域にあり、
宇多田ヒカルの楽曲を他の歌手がカバーしてもそのほとんどは“惨敗”してしまいます。
今回の番組出演を機に、ネットでも宇多田の功績について『JPOPを変えたのは間違いなく宇多田。
彼女のデビューは衝撃的だった』『宇多田ヒカルは天才的アーティスト』『この人は本当の天才』と絶賛する声が多く、『あのPVは未だに忘れられない』というコメントもあります。
また滅多にバラエティ番組に出演してこなかったという点も、彼女への関心を助長させる要素になっていたでしょう」(テレビ誌ライター)

“中腰”のPVだけでなく、その一挙手一投足全てに注目が集まっていた宇多田。
やはり、15歳にしてダブルミリオンを売り上げたこの歌姫は、只者ではなかったということなのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2145706/
2020.01.07 07:15 アサジョ

https://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPiE458
宇多田ヒカル – Automatic

http://img.reclike.com/Movies/large/0_-9DxpPiE458.jpg
http://visual-matome.com/wp-content/uploads/383fc1cb.jpg

3:2020/01/07(火) 07:53:46.73ID:lAOgNozt0

宇多田も昔の話するようになったか

23:2020/01/07(火) 08:16:41.25ID:9pHL+fjz0

天才という割には一瞬で消えたよな

14:2020/01/07(火) 08:03:17.08ID:G/Ta8ItL0

どうせピンクローターか飛びっ子を入れながら歌ってたんだろ

6:2020/01/07(火) 07:57:40.68ID:WHaIGiW00

宇多田の真似してた頃のオセロ中島はまだ面白く笑っていられて、平和だったな

7:2020/01/07(火) 07:59:45.67ID:d9yNnWoj0

これ全自動!

10:2020/01/07(火) 08:00:23.92ID:9+b7DUX00

中島知子を思い出すよね

1 2020/01/07(火) 07:52:45.85ID:iY1gdWQu9

シンガーソングライターの宇多田ヒカルが1月3日放送の「マツコの知らない世界SP」(TBS系)にゲスト出演し、デビュー曲「Automatic」のPV撮影における舞台裏を明かしている。

11年ぶりにバラエティ番組への出演を果たしたという宇多田は、1998年にダブルミリオンを達成した衝撃のデビュー曲「Automatic」の大ヒットで一気にブレイクして名声を得たが、
とりわけ同曲のPV内でソファーから立ち上がることなく中腰の姿勢のまま歌い続ける演出は印象的で、その独特な世界観やオーラも含めて宇多田の代名詞にもなっていた。

そんな異彩を放つPVについて、MCのマツコ・デラックスは「画期的な映像だった」と話し、「だって、あれ(ソファーから)立ち上がらないのよ」と感銘を受けたことを明かすと、
宇多田は「諸説あるんですが、私の記憶ではセットの幅があまり無くて、カメラを引くと横幅が見切れてしまって。なので立ち上がらなくて、でも座ったままなのも…って思って、動きを出さなきゃって思ったんです」と告白。
セットのサイズが原因で完全に立ち上がることができなかったと説明した。

「Automaticがリリースされた当時から宇多田の独特な“中腰”のPVについては“多分天井が低いんだろ”“腰痛めてるの?”といった嘲笑に近い声もありましたが、
それほどまでに彼女の存在感や世界観が他とは一線を画すオーラがあったということでしょう。
やはりニューヨークに生まれ、アメリカの文化を若くから吸収したことが大きかったのか、そのグルーヴは日本人が真似できない唯一無二の領域にあり、
宇多田ヒカルの楽曲を他の歌手がカバーしてもそのほとんどは“惨敗”してしまいます。
今回の番組出演を機に、ネットでも宇多田の功績について『JPOPを変えたのは間違いなく宇多田。
彼女のデビューは衝撃的だった』『宇多田ヒカルは天才的アーティスト』『この人は本当の天才』と絶賛する声が多く、『あのPVは未だに忘れられない』というコメントもあります。
また滅多にバラエティ番組に出演してこなかったという点も、彼女への関心を助長させる要素になっていたでしょう」(テレビ誌ライター)

“中腰”のPVだけでなく、その一挙手一投足全てに注目が集まっていた宇多田。
やはり、15歳にしてダブルミリオンを売り上げたこの歌姫は、只者ではなかったということなのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/2145706/
2020.01.07 07:15 アサジョ

https://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPiE458
宇多田ヒカル – Automatic


21:2020/01/07(火) 08:14:53.00ID:PYl+2dZF0

>>1
清水ミチ子!

19:2020/01/07(火) 08:06:07.63ID:hTCwNOEv0

オシッコ我慢してるのかも

17:2020/01/07(火) 08:04:27.73ID:9Uqfoqta0

入浴で生まれって、子供の頃だし、大学は中退したし

11:2020/01/07(火) 08:01:17.87ID:iY1gdWQu9

https://www.youtube.com/watch?v=p_Yw0q8QVFQ
宇多田ヒカル – Automatic

16:2020/01/07(火) 08:03:59.07ID:S+R2CkId0

彼女が話題になり始めた頃
「人気有るみたいだけど 女子の前では
話さない方がいいな」
って思ってた

だって「宇多田ヒカル」って名前が
ガイナックス系のアニメキャラみたいなんで
アニメ関係の人なんだなと思いこんでた

18:2020/01/07(火) 08:05:06.32ID:l77aAGJp0

横幅が無かったからって数日前にスレ見た

22:2020/01/07(火) 08:15:32.24ID:qJIO/e+20

宇多田ヒカルの名前を最初に知ったのがラジオだったんで「歌田光?イロモノか?」と思った記憶

9:2020/01/07(火) 08:00:05.65ID:LKx79kfa0

画面の比か。

15:2020/01/07(火) 08:03:51.22ID:leeXpcdR0

自動的

12:2020/01/07(火) 08:02:51.56ID:hER6Udqd0

街を歩けばコレばかり流れてたな
今は何も流れてないけど

5:2020/01/07(火) 07:55:55.74ID:YNwcFQ+l0

天井が低かったやつだろ

4:2020/01/07(火) 07:55:20.17ID:7hIqPW9X0

デビュー当時は15歳だもんなぁ

20:2020/01/07(火) 08:06:57.42ID:NQz7xWfz0

>>1
脅威を感じさせた割には
伸び悩んだな

created by BLACKY